TOPページ > 【月刊ニューメディア電子版】
月刊ニューメディア 2020年7月号・8月号掲載
特集
ケーブル技術ショー2020(前編・後編)
「インフラ投資戦略」編・「Withコロナ戦略」編

月刊ニューメディア 2020年7月号掲載
特集 ケーブル技術ショー2020 「インフラ投資戦略」編

技術提案

朋栄

■「ケーブル技術ショー2020 オンライン展示会」
出展分野: ヘッドエンド系・受信端末・伝送系
https://www.catv-f.com/

カナダ・DejeroのSBT技術
モバイル映像中継に際立つ安定性を提供

 柔軟性と機動性を兼ね備えた仕組みとして、日本の放送市場でも多く用いられることとなったモバイル回線活用型中継システム。Dejero(デジェロ)社が提案する「Smart Blending Technology」(SBT)技術は、際立つ安定性と優れた環境適応能力を武器に、世界的なシェアを拡げており、日本の国内市場でも注目を高めつつある。(構成:高瀬徹朗・メディアレポーター)


 カナダを本拠に、北米を中心にシェアを伸ばすDejero。国内総代理店の株式会社朋栄によれば、創業者は「元祖スマートフォン」のBlackBerryの開発メンバーで、モバイル回線の取り扱いに極めて長けた人物だという。

 Dejeroの根幹技術は「Smart BlendingTechnology」(SBT)で、「ボンディングではなく、『ブレンディング』という考え方で、回線をまとめるだけではなく、複数回線の帯域の状況に応じて伝送効率を最適化するという考え方」と朋栄システムサービスカンパニー主任の構孝之氏は説明する。

 その実力をいかんなく発揮したのが、海外サッカー中継におけるユニ映像活用の事例だ。十万人に近いサポーターが詰めかけるビッグマッチで、「モバイル回線を活用した映像伝送を成功させた」のである。「一般的に、モバイル回線が厳しい環境では帯域制御が行われますが、SBTではレイテンシー制御も自動で行い、品質と安定性を確保しています。このダブル制御こそが、SBTの評価を高める特徴です」(構氏)。この帯域制御と遅延制御の2要素を自動で同時に行うという発想と、それを可能にした高い技術力は、2018年と2019年に連続で米テレビ芸術科学アカデミーのエミー賞を受賞していることでも証明済みだ。

 

かつてない安定感と品質保持

 主力のラインナップは、安定して高い品質の映像をモバイル回線経由の送信に特化した構成で、送信機となる可搬型の「EnGo」、ラックマウント型の「PathWay」、受信機となる「WayPoint」に加え、送り返し装置「CuePoint」、スマホ上でアプリベースの各種ソフトウェアが用意されている。モバイル回線を活用する可搬型「EnGo」に加え、据え置き型「PathWay」を用意しているのは、中継車のバックアップ回線としての利用や、局間伝送など固定地点間における冗長化目的で有線での活用を想定するからだ。「映像コーデックを最適化していることで、モバイル伝送の弱点ともいわれたワイプやテロップ入りの完パケ素材も破綻なく送れるので、局間伝送のサブ回線利用などに対応できるのです」(構氏)。

 さらに、「WayPoint」は104と204を用意。204はIP出力に対応。SMPTE ST 2110に準拠した信号を出力できるデコーダは、「私の知る限り、『WayPoint 204』が世界初」と朋栄 企画室室長・田上博明氏は強調する。 システム全体としてはクラウドで制御する部分も多いが、仮にクラウドにトラブルが発生した場合は、送信機・受信機間のみで接続を行う「レジリエントモード」を搭載するなど、柔軟な対応が可能となっている。

 

すでに災害時の情報収集に活躍中

 Dejeroは国内においても着実に実績を挙げている。公的機関で、災害時における現場の映像情報確保の目的で導入されており、「端末にGPSが内蔵されているので、地図とのリンクもしやすい」と評価されている特長を構氏は話す。また、某スタジアムでは、バックスクリーン上映するシステムに組み込む形で採用し、試合中の観客の表情などを捉えるために活用している。先ほどの海外サッカー中継同様、帯域のひっ迫した環境下での安定動作というSBTの実力を証明している。

 次世代対応も進められており、5Gでは国内でも実証実験を行い、一定の成果を収めている。さらに、4K対応も2020年内には提供される見通しだ。

 朋栄では、Dejeroと自社のメディアマネジメント製品「MediaConcierge」との連携を提案。サムネイル自動読み込み表示などを実現、他の朋栄製品とのさらなる有効な連携も展開していくという。


図 「EnGo」ほかDejero社ソリューション接続例(複数対複数)

 

朋栄のWebサイト

https://www.for-a.co.jp/import/import/dejero.html



新型肺炎休校へ対応する遠隔教育等の要望。コロナウィルス休校に対応し、NHKなど放送も活用した 遠隔教育の実施を提案します

~子供たちの学びの継続と不安解消のために~
新刊

HDR 制作解説書 Ver.3
HDRとSDRのサイマル制作HDR 制作解説書 Ver.3144ページ 定価1,500円 (税込送料別)

新刊

IP ライブ伝送制作システム解説書 Ver.3
規格の基本解説と国内導入の最新動向IP ライブ伝送制作システム解説書 Ver.3104ページ 定価1,000円 (税込送料別)

好評発売中
NEWMEDIA別冊

HDR制作の解説書
次代の映像クリエーターたちが執筆HDR制作の解説書

好評発売中
NEWMEDIA別冊

IPライブ伝送制作システムの解説書
「SDIからIPへ」何を変え、何を生み出すか 月刊ニューメディア1月号別冊
解説書 IPライブ伝送制作システム
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

HDR制作解説書Ver.2
世界の映像クリエーター、技術者による解説 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作 140ページ 定価1,500円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

IPライブ伝送制作システム解説書Ver.2 
動き始めた導入事例と国際規格の動向 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作80ページ 定価1,000円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

「一周まわってテレビ論」とローカル放送展望の解説書 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作84ページ 定価1,000円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

雑誌、書籍ご購入
日本画質学会
募集

・今と言えば、今すぐ対応できる人
・短時間で仕上げられる人
・たび重なる修正に耐えられる人
・安くてもOKな人
担当:渡辺・本誌編集長
TEL:03-3542-5231

完売
NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著

252ページ 本体800円+税(送料別)画像 NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著52ページ 本体800円+税(送料別)
完売
The FileBase Book2The File Base Book 2
『ローカル局におけるファイルベース化を考える』

 

好評発売中

鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生 表紙 鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生

吉崎正弘著
発行2009年5月15日
本体2,000円+税
ISBN978-4-931188-36-5
送料実費

単品注文
完売
日本初!「ファイルベース」本格テキスト本 刊行へ!!
『The File Base Book
 ~ MXFによる放送ワークフローの変革~』
好評発売中

サービス・制度・標準化動向・著作権問題を全て網羅。世界初の総合的なIPTVの解説書
IPTV 放送・通信融合サービスの大本命 表紙 IPTV 通信・放送融合サービスの大本命
本間祐次著
発行2007年6月13日
定価2,000円+税
B6判/326頁
送料実費

単品注文
完売 (2刷)

気鋭のメディア論学者による、デジタル放送論の決定版!!
デジタル化の波のなかで 表紙 完売
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで
(改訂版発行・増刷が決まり次第、予定を掲載いたします)
音 好宏著
発行2007年1月19日
B6判/216頁

単品注文
好評発売中 (2刷)

2010年には1兆円達成も夢ではない!
若手必読の書
デジタル時代に勝つ技術戦略 表紙
ケーブルテレビ1兆円産業論
デジタル時代に勝つ技術戦略

田口和博著
発行2007年1月11日
本体2,000円+税
B6判/236頁
送料実費

単品注文
好評発売中

日本の情報通信政策畑の第一人者、12冊目の著作
u-Japan 2010年の日本 表紙 u-Japan
2010年の日本

吉崎正弘著
発行2005年1月31日
本体2,000円+税
B6判/298頁
送料実費

単品注文

 


燃料電池ビジネス

GetAdobeReader

GetFlashPlayer