TOPページ > 【月刊ニューメディア電子版】
月刊ニューメディア 2020年7月号・8月号掲載
特集
ケーブル技術ショー2020(前編・後編)
「インフラ投資戦略」編・「Withコロナ戦略」編

月刊ニューメディア 2020年7月号掲載
特集 ケーブル技術ショー2020 「インフラ投資戦略」編

CCJ

無線サービスを「面展開」
ネットワーク各層へ投資

 新型コロナウイルスの影響で、ケーブルテレビの市場環境が変化する可能性がある。MSOのCCJ(本社:三重県四日市市)は、新型コロナと共生する「ウィズ・コロナ」、収束後の「アフター・コロナ」の市場を想定して今後のケーブルテレビ事業の舵取りをしていくことが、現在最大の経営課題だと捉えている。ここで同社の塩冶憲司社長が重視しているのが、新しい市場環境に対応したネットワーク構成による有線と無線の設備投資計画だ。(取材・文:渡辺 元・本誌編集長)


ウィズ・コロナ、アフター・コロナに
対応したネットワーク構成へ

 CCJグループのケーブルテレビ事業者は、すでに10GbpsのFTTHやWi-Fi 6のサービスを提供している。しかし「ウィズ・コロナ」「アフター・コロナ」に対応したFTTHと無線は、従来のネットワーク構成の考え方を変更しなければ実現できないと、株式会社CCJ代表取締役社長 塩冶憲司氏は考える。

 「今まではエリア内のポイント間を『線』でつなぐという考え方で、有線と無線のネットワークを構築してきました。しかし新型コロナウイルスの影響で、仕事でも学校でもオンラインの需要が大幅に増えています。これに対応するためには、『面』のネットワーク構成にする必要があります。これまで弊社はFTTHをできるだけ多くの家庭に接続することに注力してきましたが、今後特に重要となるのは5G、Wi-Fi 6、LPWAなどの無線によって、エリア内を広く面でカバーすることです。これがこれからの弊社の設備投資のベースになっていきます」

 「面でカバーする」とは、エリア内のあらゆる場所で同社のさまざまな方式の無線サービスを提供できるようにすることだ。さらに、利用者の一時的な高速回線需要に迅速に応じて、ある特定の日時・場所で一時的にサービス提供できるようにする。利用者は必要な日時・場所で、無線端末を使って高速通信を利用できるようになる。
 例えば、学校の先生が理科のオンライン授業で、公園の草むらに行ってそこにいる昆虫の生態を自宅にいる生徒に教えたいといった場合や、住宅メーカーが建築中のお客さんの家からオンラインで進捗状況を報告するといった用途に、無線で一時的な高速回線を提供できる。

 

7層の上位レイヤーにも投資
トラフィック分析にも注力へ

 無線によってエリアを面でカバーするためには、地域BWAやローカル5Gの活用が有効だ。だが、物理的な無線インフラの構築だけでは不十分だという。
 「7層に分れているネットワークのレイヤーの最上位であるアプリケーションも含め、エリア内のネットワークのアーキテクチャを作り込んでいかなければなりません。これからは通信だけでなく4K放送など多数の信号がIPネットワークで伝送され、お客様はこのネットワークを共有して利用するようになります。そのため回線が混んでいる場合でも特定のサービスのQoSを確保したり、放送を別ルートで伝送する、IP信号を片方向だけで流す、といったサービスが求められます。エリア内のネットワークの作り方も、物理的に小セル化するといったネットワークのレイヤーの下位層への設備投資だけでなく、上位層まで含めたすべてのレイヤーに投資をする必要があります」(塩冶氏)

 また、自社エリア内のネットワークにどのようなトラフィックが流れているかをデータ分析し、ネットワーク構築やサービス開発につなげるためのシステムへの設備投資と、トラフィックの分析ができる専門的なノウハウを持った人材を雇用するといった人への投資が重要となる。これらの投資のために、今年度下期には今年度予算を再検討する予定だ。

 無線の設備投資としては、まず地域BWAの整備をさらに進め、次の段階としてローカル5Gの整備を行う。現在すでに運用している一部のBWA基地局にトラフィックが集中しているため、整備し直さなければならない部分が出てきており、光回線も含めたネットワーク構成の見直しを行っている。ローカル5Gについては今年度に免許申請を行う計画で、現在申請の準備を整えている。ローカル5G、BWA、LPWAなどの無線に関しては、B2BのIoTサービスにも期待している。

 「弊社グループのシー・ティー・ワイのエリアである四日市では、コンビナートや港湾でローカル5Gへの需要が見込まれます。大型クレーンなどのコントロールや自動化などの用途に最も期待しています」(塩冶氏)

 


図 「ウィズ・コロナ」「アフター・コロナ」に対応したCCJの設備投資コンセプト

 



新型肺炎休校へ対応する遠隔教育等の要望。コロナウィルス休校に対応し、NHKなど放送も活用した 遠隔教育の実施を提案します

~子供たちの学びの継続と不安解消のために~
新刊

HDR 制作解説書 Ver.3
HDRとSDRのサイマル制作HDR 制作解説書 Ver.3144ページ 定価1,500円 (税込送料別)

新刊

IP ライブ伝送制作システム解説書 Ver.3
規格の基本解説と国内導入の最新動向IP ライブ伝送制作システム解説書 Ver.3104ページ 定価1,000円 (税込送料別)

好評発売中
NEWMEDIA別冊

HDR制作の解説書
次代の映像クリエーターたちが執筆HDR制作の解説書

好評発売中
NEWMEDIA別冊

IPライブ伝送制作システムの解説書
「SDIからIPへ」何を変え、何を生み出すか 月刊ニューメディア1月号別冊
解説書 IPライブ伝送制作システム
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

HDR制作解説書Ver.2
世界の映像クリエーター、技術者による解説 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作 140ページ 定価1,500円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

IPライブ伝送制作システム解説書Ver.2 
動き始めた導入事例と国際規格の動向 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作80ページ 定価1,000円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

好評発売中

「一周まわってテレビ論」とローカル放送展望の解説書 月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作84ページ 定価1,000円(税込/送料別)
※ニューメディアからの直接販売のみとなります。

雑誌、書籍ご購入
日本画質学会
募集

・今と言えば、今すぐ対応できる人
・短時間で仕上げられる人
・たび重なる修正に耐えられる人
・安くてもOKな人
担当:渡辺・本誌編集長
TEL:03-3542-5231

完売
NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著

252ページ 本体800円+税(送料別)画像 NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著52ページ 本体800円+税(送料別)
完売
The FileBase Book2The File Base Book 2
『ローカル局におけるファイルベース化を考える』

 

好評発売中

鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生 表紙 鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生

吉崎正弘著
発行2009年5月15日
本体2,000円+税
ISBN978-4-931188-36-5
送料実費

単品注文
完売
日本初!「ファイルベース」本格テキスト本 刊行へ!!
『The File Base Book
 ~ MXFによる放送ワークフローの変革~』
好評発売中

サービス・制度・標準化動向・著作権問題を全て網羅。世界初の総合的なIPTVの解説書
IPTV 放送・通信融合サービスの大本命 表紙 IPTV 通信・放送融合サービスの大本命
本間祐次著
発行2007年6月13日
定価2,000円+税
B6判/326頁
送料実費

単品注文
完売 (2刷)

気鋭のメディア論学者による、デジタル放送論の決定版!!
デジタル化の波のなかで 表紙 完売
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで
(改訂版発行・増刷が決まり次第、予定を掲載いたします)
音 好宏著
発行2007年1月19日
B6判/216頁

単品注文
好評発売中 (2刷)

2010年には1兆円達成も夢ではない!
若手必読の書
デジタル時代に勝つ技術戦略 表紙
ケーブルテレビ1兆円産業論
デジタル時代に勝つ技術戦略

田口和博著
発行2007年1月11日
本体2,000円+税
B6判/236頁
送料実費

単品注文
好評発売中

日本の情報通信政策畑の第一人者、12冊目の著作
u-Japan 2010年の日本 表紙 u-Japan
2010年の日本

吉崎正弘著
発行2005年1月31日
本体2,000円+税
B6判/298頁
送料実費

単品注文

 


燃料電池ビジネス

GetAdobeReader

GetFlashPlayer