TOPページ > 書籍案内 書籍案内詳細

書籍案内(詳細)

新刊 NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ

越後上越人の創業発想史
天野 昭著
雪のサムライ

越後上越人の創業発想史

天野 昭著

 

上杉謙信・前島 密・大竹謙治・レルヒ・鈴木牧之・本多利明・川上善兵衛・坂口謹一郎・大島憲吾・大島精一郎−−。越後上越の「雪のサムライ」たちの志。

●目次

序章 「殖産興業」を推進した越後上越人

魅力ある越後上越人 屹立する雪のサムライ 本書に登場する主な人々

 

第一章 上杉謙信 発想の原点は「第一義」

一、地域の困難性から目をそらさない

いたるところで謙信が睨んでいる 鹿島アントラーズの「ジーコ魂」 災害が齎した生きる知恵 災害から何を学ぶか 新潟市が原爆投下目標

二、「第一義」は「天下のこころ」

二人の「越山」上杉謙信の場合 もう一人の越山 田中角栄の場合 地滑りが頻発した丘陵地域

 

第二章 前島 密 永続のインフラ「日本の郵便網」

一、越後から江戸へ遊学

苦心惨憺して藩士への道 「漢字御廃止之義」を将軍慶喜に建白 「江戸遷都論」を大久保利通に説く

 

第三章 大竹謙治 福利厚生思想で「頸城鉄道」創建

一、鉄道は殖産興業の一大インフラ

転換期のローカル鉄道事業 黎明期の鉄道事業のリーダーたち 問題だった鉄道用地の取得

二、人間を大切にした経営思想

豪農が支えた頸城鉄道の資金源 経営イノベーターとしての先見性 「オイルラッシュ」に沸いた上越 水力発電の天才技師・国友末蔵

 

第四章 オドール・エードラー・フォン・レルヒ 日本初の「スキー」を教えた軍人

一、日本帝国軍隊の弱点克服策

第十三師団誘致で軍都「高田」誕生 最初の目的は軍事研究

二、スキー術伝授へ目的変更

衝撃的だった「八甲田山遭難事件」 日本軍の要請でスキー指導 スキー関連産業が高田に生まれた

 

第五章 鈴木牧之 『北越雪譜』世界最古の雪国記録文学

一、越後上越は雪のワンダーランド

越後の生活記録『北越雪譜』 塩沢宿を通り過ぎた産品 すでに崩れていた「米本位性」経済 最大の出稼ぎ技術集団「越後杜氏」 今より活発だった塩沢宿経済

二、江戸と積極的に交流した鈴木牧之

求心力があった江戸文化 流通革新や文化革新を担う商人たち 伊勢屋でなくてなぜ越後屋 生活文化を育てた越後上越と江戸往還 蔦屋重三郎とその周辺の文化人

 

第六章 本多利明 越後が生んだ「日本のマルサス」

一、したたかな加賀藩の生き残り戦略

加賀藩主の外事顧問 江戸で最先端実学を学ぶ 実践的経世家としてデビュー

二、「日本のマルサス」の「人口論」

「日本のマルサス」の「人口論」 万国交易論を実現した銭谷五兵衛 ロシアが南下してやってきた 色彩豊かな『西域物語』の都市伝説

 

第七章 川上善兵衛×坂口謹一郎 「ワインと酒」醸造文化を創造

一、「殖産興業」政策の対象だったワイン

殖産興業策と御雇外国人 葡萄の苗場「内藤新宿試験場」 農業改革を推進する大久保と黒田 ワイン好きの勝海舟と川上善兵衛 ワイン葡萄の先覚者の小沢善平 私財をつぎ込んだ「岩の原葡萄園」 国士『武田範之伝』を書く

二、坂口謹一郎の研究成果

ワイン・ビール・ウィスキーの国産化 二大国民病だった結核と脚気 黴や麹の微生物の威力

 

第八章 大島憲吾×大島精一郎 「大島農機」を起点に地元産業創造

一、次世代農業と農機具の未来

「県是」河川改修や米の増産 大正デモクラシーと高まる米の需要 大島五兄弟のベンチャービジネス 農機具近代化の第一号「足踏み脱穀機」 「是」とは発明・発見を伴って実現 次世代農業二・〇に向けての挑戦

二、ハンディをチャンスに変える発想

「高田瞽女」と地域の包容力 高田に「私立訓矇学校」設立 立ち上がる高田瞽女たち 豪雪で消えたテレビを復旧して! 興味深い「百年料亭」構想 創業者より大切な「中興の祖

 

終章 二〇三〇年は上杉謙信生誕五〇〇年

上杉謙信以前と以降の越後上越 明治維新一五〇年を前にして 提案「上杉謙信生誕五〇〇年祭」

 

発行2017年6月19日
本体800円+税
新書判/252頁
送料実費
ISBN978-4-931188-02-0

単品注文
HDR制作の解説書
次代の映像クリエーターたちが執筆
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

 

最新、注目12例 4K・8K/HDRコンテンツの制作報告(筆者敬称略)

● NHK『精霊の守り人』 重永明義
● Netflix『火花』 Netflix宮川遙、IMAGICA清野晶宏
● ポリゴン・ピクチュアズ『シドニアの騎士』『シドニアの騎士 第九惑星戦役』 石丸健二
● NTTぷらら『長崎ランタンフェスティバル』『 Red Bull X-Fighters~』 須賀田大・朝川大輔
● 朝日放送(ABC)『夏の甲子園 ライブ中継』 宇佐美貴士
● JVCケンウッド・ビデオテック『川井郁子15周年コンサート』 森俊文
● 毎日放送(MBS)『泉涌寺音舞台』 露口三郎
● 静岡朝日(SATV)・長野朝日(abn)・北陸朝日(HAB)・新潟テレビ21(UX)・名古屋テレビ(メ~テレ)『ブロック5局共同制作 さくら』 メーテレ長田圭介
● 立教大学『4Kでよみがえる浮世絵2』 佐藤一彦
● ソニーPCL『UHD BD 宮古島 癒やしのビーチ』 諏佐佳紀
● NHKメディアテクノロジー「HDR特性の実測値など報告」 村上篤史
● IMAGICA+ROBOT『8K/HDRファンタジー LUNA』 ROBOT諸石治之

HDRを深める執筆陣(敬称略)

パナソニック映像:阿部隆行、ソニービジュアルプロダクツ:小倉敏之、ソニー:岡野正、Dolby Japan:真野克己・白柳亨、IMAGICA:長谷川智弘,日本テレビ:甲斐創、デジタルAV評論家:麻倉怜士、放送大学:仁科エミ、東芝:山内日美生

 

180ページ 定価1,800円(本体1,667円)
(送料別)

単品注文

IPライブ伝送制作システムの解説書
「SDIからIPへ」何を変え、何を生み出すか
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

主要IPライブ伝送技術提案と標準規格、国際動向、導入事例、構築課題など(筆者敬称略)

 

● IPライブ伝送技術規格の国際動向 パナソニック:鈴木淳也
● 規格「SMPTE 2022」の概要 メディアグローバルリンクス:中村和則
● 注目されるPTPの解説 メディアグローバルリンクス:清水剛
● 提案 AIMS(Alliance for IP Media Solutions) 提唱社:AIMS
● 提案 IP Live / Network Media Interface(NMI) 提唱社:ソニー
● 提案 IP-VRS(IP Video Router System) 提唱社:メディアグローバルリンクス
● 提案 NDI (Network Device Interface) 提唱社:NewTek
● AIMSマーケティング活動「5技術団体が協業デモ」 パナソニック:宮沢哲也
● 中京テレビ「世界初 ST2022-6/7による回線センター」 月刊ニューメディア編集部
● ブラジルのTV Globo「4K IP中継車を製作」 ソニービジネスソリューションズ:小貝 肇
● IPライブ伝送制作システム構築の課題とアプローチ 朋栄:和田雅徳

※提案ASPEN(Adaptive Sample Picture Encapsulation)は本号の掲載無し

 

80ページ 定価1,000円(本体926円)(送料別)



単品注文

NEWMEDIA BOOKSシリーズ(19)
鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生

吉崎正弘著
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

●目次
第1章 情報化と社会
第2章 情報通信の可能性
第3章 これからの社会
第4章 さまざまな憂鬱
第5章 地域課題解決の具体的道筋
第6章 道具は使うのは人

発行2009年5月15日
本体2,000円+税
B6判/284頁
送料実費
ISBN978-4-931188-36-5



単品注文

NEWMEDIA BOOKSシリーズ(18)
IPTV 通信・放送融合サービスの大本命
本間祐次著
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

サービス・制度・標準化動向・著作権問題を全て網羅。世界初の総合的なIPTVの解説書

●目次
はじめに
第1章 IPTVとは何か~判るようで判らないその実態~
1 「IPTV」と言われることのあるサービスの分類
2 IPTVの定義

第2章 IPTVのサービスの現状~世界各国で増殖するサービス~
1 IPTV登場の背景
2 欧州のサービス動向
  イタリア/フランス/英国/ドイツ/その他の欧州諸国
3 米国のサービス動向
4 アジアのサービス動向
  香港/シンガポール/韓国/中国
5 日本のサービス動向
(1)日本の通信・放送市場の概要
(2) IPマルチキャスト放送
   ビー・ビー・ケーブル/KDDI/オンラインティーヴィ/アイキャスト
(3) 広義のIPTVサービス
   GyaO/その他の通信事業者・ISPの動向/放送事業者の動向/メーカーの動向/「ロケーションフリー」/放送市場におけるIPTVの位置付け

第3章 日本におけるIPTVに関する制度検討経緯~「通信・放送融合」からIP再送信まで~
1 日本の通信・放送に関する制度の概説
2 「通信・放送融合」に関する政策検討の経緯
3 電気通信役務利用放送法の成立
4 IPマルチキャスト方式を用いた放送の商用化
5 情報通信審議会における検討の経緯
6 第3次中間答申からIP再送信開始に至る経緯

第4章 IPTVの標準化動向~技術の主導権を巡る熾烈な争い~
1 標準化の必要性
2 国際標準化の動向
3 国内標準化の動向

第5章 IPTVを巡る著作権問題~著作権問題で寝た子を起こしたIPTV~
1 放送事業者の著作権法上の権利
2 放送事業者側から問題提起が行なわれた事例
3 コンテンツ流通促進の観点から問題提起が行なわれた事例
4 今後想定される議論

第6章 IPTVの今後の課題及び展望~更なる発展のために~
1 IPTVの今後の課題
2 ケーブルテレビ事業者への提言
3 IPTVの市場予測

おわりに
参考文献

発行2007年6月13日
本体2,000円+税
B6判/326頁
送料実費
ISBN978-4-931188-35-8



単品注文

(2刷)NEWMEDIA BOOKSシリーズ(17)
完売放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

音 好宏著
(改訂版発行・増刷が決まり次第、予定を掲載いたします)
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで

気鋭のメディア論学者による、デジタル放送論の決定版!!

●目次
第一章 日本における放送メディアの変革 ~多メディア・多チャンネル化、デジタル化の衝動~
第二章 日本の放送産業の発展と特質
第三章 アメリカの放送産業の発展と特質
第四章 アメリカにおけるメディア所有規制とその展開
第五章 マスメディアから溢れ出る消費者たち ~「消費の階層化」再考~
第六章 多メディア化とメディア利用者の動態 ~ネットの台頭と既存メディアの対応~
第七章 放送のデジタル化と地域的機能の模索
第八章 メディア融合とビジネススタイルの進化
第九章 メディアの市場化とジャーナリズム ~ライブドア騒動を事例に~
第一〇章 揺らぐジャーナリズム ~ネットメディアからの挑戦~

発行2007年1月19日
B6判/216頁
ISBN978-4-931188-34-1

単品注文

(2刷)
NEWMEDIA BOOKSシリーズ(16)
ケーブルテレビ1兆円産業論
デジタル時代に勝つ技術戦略

田口和博著
続 旬のケーブルテレビ

2010年には1兆円達成も夢ではない! 若手必読の書

●目次
第1章 サービスの先端を行くケーブルテレビの実力
第2章 ケーブルテレビ業界の課題と分析
第3章 技術の動向
第4章 ケーブルテレビの進む道

発行2007年1月11日
本体2,000円+税
B6判/236頁
送料実費
ISBN978-4-931188-33-4

単品注文

完売続・旬のケーブルテレビ
2000-2010

吉崎正弘著
続 旬のケーブルテレビ

2000年から2010年までの
ケーブルテレビ事業の総括と展望

第1章
それまでのケーブルテレビ
-伊香保からMSOまで-

第2章
それからのケーブルテレビ
-『旬のケーブルテレビ』からe-Japan戦略まで-
(1)飛躍したケーブルテレビ
(2)放送のデジタル化の進展
(3)ブロードバンドの普及

第3章
これからの日本
-u-Japanとケーブルテレビ-
(1)ケーブルテレビを取り巻く大きな環境変化
(2)これからの行政とケーブルテレビ
(3)ケーブルテレビを巡る通信・放送法制度の展望

第4章
これからのケーブルテレビ
(1)ケーブルテレビのポジション
(2)未来に向かって今なすべきこと

NEWMEDIA BOOKSシリーズ⑮
発行2006年6月15日
B6判 232ページ

吉崎正弘氏
「一緒に苦労した方々の笑顔は嬉しいものである」という気持ちを今から5年後にも同じように感じたいものだ。(著者「あとがき」より)

単品注文

完売ローカル局“06年組”幹部に直接ヒアリング調査
『全国デジタル放送化動向調査2005』
<監修>吉井 勇:月刊ニューメディア編集長
高瀬徹朗:月刊ニューメディア特別編集アナリスト
ニューメディア別冊

地上デジタル放送“06年組”のローカル局は、どこまで動いてきているのか。系列局の視点だけではなく、各地域での動向を総合的に把握する、わが国初の「デジタル放送化の各地動向」調査レポート。
 各放送局の幹部への直接ヒアリングをはじめ、デジタル放送事業に対する各地の自治体やケーブルテレビ事業者など主要関係者の期待度も調査する。
 プロジェクト名は「デジタル放送全国行脚」。

【プロジェクト「デジタル全国行脚」の3大特徴】
(1)テレビ局幹部に直接ヒアリング調査!
   現地を直接訪れてのヒアリング調査で、信頼性の高い情報収集を実現。
(2)共通の質問で、系列各局の状況を正確に把握!
   全局共通の質問で、全国動向の分析を綿密に。
(3)放送局をとりまく環境もつぶさに調査!
   総合通信局、地方自治体、ケーブル局などの関係機関を網羅。

【ヒアリング対象】
・“03年組”を除く民間放送局全111局(独立U局含む)
・NHK主要放送局
・総合通信局、自治体、主なケーブルテレビ事業者

・発 行:2005年2月25日
・A4判、262頁



u-Japan 2010年の日本
吉崎正弘著
ニューメディア別冊

日本の情報通信政策畑の第一人者、12冊目の著作。
日本の再生を願っての渾身の情報通信政策考。
『u-Japan』の「u」は、ユニバーサル・ユニーク・ユーザー・ユビキタスの「u」。

[主な内容]
第1章 遅れた我が国のITと「e-Japan戦略」
第2章 これからの日本と政府
第3章 2010年の日本 ~u-Japan~
第4章 u-Japanを実現するために ~u-Japan政策~
第5章 u-Japanの心
第6章 遠い夢 ~おわりに替えて~

発行2005年1月31日
本体2,000円+税
B6判/298頁
送料実費
ISBN4-931188-31-1

単品注文


(3刷)
われら知財派
[知財国富論]

甘利 明 編著
ニューメディア別冊

知財のプロ10名のオリジナル「語り下し」。

[主な内容]
第1章 「われら知財派」宣言(甘利 明・衆議院議員/自民党知的財産政策小委員会委員長)
第2章 歴史の智恵「知財派」(木村尚三郎・東京大学名誉教授/静岡文化芸術大学教授)
第3章 勝つ人材育成策と知財司法(阿部博之・総合科学技術会議議員/前東北大学総長、久保利英明・大宮法科大学院教授)
第4章 世界をリードする知財経営(御手洗冨士夫・キヤノン(株)代表取締役社長、白木 学・(株)シコー技研代表取締役社長)
第5章 オンリーワンの知財武装経営(武田國男・武田薬品工業(株)代表取締役会長)
第6章 戦いで鍛えられる知財派(山科 誠・(株)バンダイ相談役)
第7章 知財維新と国策パワー(角川歴彦・(株)角川ホールディングス代表取締役会長、依田 巽・エイベックス(株)代表取締役会長)
資料編 知的財産基本法/コンテンツの創造、保護及び促進に関する法律/知財立国宣言(自民党知的財産関連合同会議提案)

発行2004年7月1日
本体1,429円+税
A5判変型/314頁/上製本
送料実費
ISBN4-931188-30-3

単品注文


ニューメディア別冊
NHK会長・海老沢勝二がお答えします。
BS+地上デジタル放送で始まるテレビ新生活

月刊ニューメディア編集部 編
ニューメディア別冊

海老沢勝二・NHK会長が、視聴者からのBS+地上デジタル放送への疑問に回答する形で、デジタルテレビによる新時代をわかりやすく紹介

[主な内容]
特別対談「デジタル放送で始まる『デジタルテレビ新生活』って何ですか」海老沢勝二(NHK会長)×萬田久子(女優)/お答えします!! デジタル放送に関する20の疑問/テレビを変えたハイビジョン映像の世界/東名阪3大都市圏の放送エリアマップ ほか

発行2004年2月10日
本体619円+税
B5判・68頁
送料実費

単品注文


自治体職員のための
地域情報学

梶原 拓(岐阜県知事)著
プロジェクター総覧

情報関連業務の戦略的アウトソーシングから県下市町村への具体的支援策まで、悩みながら手探りで、しかし着実に歩みを進めてきた岐阜県情報化の戦略事例集。岡山県、横須賀市、北九州市の先進的情報化プロジェクトと、総務省の地域情報化支援策も同時紹介!

[主な内容]
IT革命と自治体戦略/地域IT戦略 ~岐阜県の取り組みから~/岐阜県における取組事例の紹介/岡山県の取り組み/横須賀市の取り組み/北九州市の取り組み/総務省の地域情報化支援策

発行2002年8月15日
四六判・244頁
本体2,200円+税
送料実費
ISBN4-931188-29-X

単品注文


完売シリーズ6
プロジェクター総覧 2002年度版
月刊「ニューメディア」編集部編
日本画質学会協力
プロジェクター総覧

恒例となった『プロジェクター総覧』もシリーズ6回目。写真、イラスト、製品の最新リストなどの貴重なデータ多数と、わかりやすい解説で「これでわかる!」。

[主な内容]
用途別プロジェクターのリスト一挙掲載!!(最新発売・予定機種、ネットワーク対応機種、ホームプロジェクター)/写真&用語解説付で麻倉怜士が教える「画質の見方」/地図で見る「プロジェクター最強立国を目指す台湾の実力」/デバイス基礎から次世代映像システムまでの最新動向まで

発行2002年8月25日
A4判変型・110頁


電子自治体の総合戦略
吉崎正弘著
電子自治体の総合戦略

「e-Japan戦略」で自治体行政の何が変わるのか? 電子自治体が地域社会にもたらす“可能性”とは? ITを地域経営に上手に活用するための問題点とその解決策は? 全国3,300自治体の首長&電子自治体担当者、必読の書!!

[主な内容]
地域間競争時代の地域情報化/電子政府と電子自治体/IT推進のための三つのポイント/これからのネットワーク整備/ITを何に使うか/人材育成/情報格差の解消/地域情報化で成功するための秘訣

発行2002年3月28日
四六判上製本・304頁
本体1,900円+税
送料実費
ISBN4-931188-28-1

単品注文


完売Web制作会社名鑑2001
月刊ニューメディア編集部編 Web利用・技術検定協会協力
Web制作会社名鑑2001表紙

Web制作ならこの188社に発注せよ--。どこの会社にWeb制作を発注したらいいのか。こんな素朴な質問に答えるダイレクトリー。約4,500社の中から弊社が厳選した188社について(もちろん、掲載料などはいただいていない)、発注するときに手掛かりとなる事項を掲載。制作会社は東京に偏らず、全国万遍なく選んだ。

[主な内容]
会社名/本社住所/TEL/FAX/URL/設立年月日/資本金/役員/社員数/主な実績(クライアント、作品など)/代表者の履歴、実績/事業内容/作品の事例(4画面)とそのURL

発行2001年4月30日
A4判変型・204頁


NHK会長 海老沢勝二が語る
デジタル公共放送論

月刊ニューメディア編集部編
デジタル公共放送論表紙

2000年12月1日、BSデジタル本放送がスタート。「公共放送NHK」は何を目指し、どこへ行くのか。答えは本書にある

[主な内容]
放送のデジタル化はこう進む/デジタル放送時代の経営基盤/デジタル放送はハイビジョンで/「改革と実行」、「公開と参加」/放送の研究・開発と社会・国際貢献/公共放送NHKが担うもの/いま、NHK会長として/放送人・海老沢勝二の発想

発行2000年4月20日
四六判上製本・242ページ
本体2,000円+税
送料実費
ISBN4-931188-25-7

単品注文


新刊

NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著 NM新書「創業記シリーズ」(2)
雪のサムライ
越後上越人の創業発想史
天野 昭著

252ページ 本体800円+税(送料別)画像
252ページ 本体800円+税(送料別)

新刊
NEWMEDIA別冊

HDR制作の解説書
次代の映像クリエーターたちが執筆

月刊ニューメディア12月号別冊
解説書 HDR制作
NEWMEDIA別冊

IPライブ伝送制作システムの解説書
「SDIからIPへ」何を変え、何を生み出すか

月刊ニューメディア1月号別冊
解説書 IPライブ伝送制作システム
イベント・ツアー案内
早割募集!! ces2018 新動向ツアー 韓国次世代・新規格サービス放送 専門調査ツアー in 2017(通常料金)
雑誌、書籍ご購入
次号予告

2017年12月号(2017年11月1日発売)

創刊35年 & Inter BEE 2017直前特集

創刊35年記念対談 野田総務大臣・竹中プロップ・ステーション理事長
「閉塞するニッポン 自由闊達な政治と行政へ」

NHK技師長に「NHKのメディア革新と今後の放送サービスの展望」を聞く

サイバーエージェント藤田社長×電通総研・奥統括部長対談
「一周まわってテレビ論から見えてくるNEXT」

スプートニク打ち上げ60年
魅力的な「宇宙ICTニュービジネス」

Inter BEE 2017主要展示解説

日本画質学会
募集

・今と言えば、今すぐ対応してくれる人
・短時間で仕上げられる人
・たび重なる修正に耐えられる人
・安くてもOKな人
担当:渡辺・本誌編集長
TEL:03-3542-5231

完売
The FileBase Book2
好評発売中

鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生 表紙 鄙の逆襲
21世紀型地域情報化による過疎地域の再生

吉崎正弘著
発行2009年5月15日
本体2,000円+税
ISBN978-4-931188-36-5
送料実費

単品注文
完売
日本初!「ファイルベース」本格テキスト本 刊行へ!!
『The File Base Book
 ~ MXFによる放送ワークフローの変革~』
好評発売中

サービス・制度・標準化動向・著作権問題を全て網羅。世界初の総合的なIPTVの解説書
IPTV 放送・通信融合サービスの大本命 表紙 IPTV 通信・放送融合サービスの大本命
本間祐次著
発行2007年6月13日
定価2,000円+税
B6判/326頁
送料実費

単品注文
完売 (2刷)

気鋭のメディア論学者による、デジタル放送論の決定版!!
デジタル化の波のなかで 表紙 完売
放送メディアの現代的展開
デジタル化の波のなかで
(改訂版発行・増刷が決まり次第、予定を掲載いたします)
音 好宏著
発行2007年1月19日
B6判/216頁

単品注文

好評発売中 (2刷)

2010年には1兆円達成も夢ではない!
若手必読の書
デジタル時代に勝つ技術戦略 表紙
ケーブルテレビ1兆円産業論
デジタル時代に勝つ技術戦略

田口和博著
発行2007年1月11日
本体2,000円+税
B6判/236頁
送料実費

単品注文
好評発売中

日本の情報通信政策畑の第一人者、12冊目の著作
u-Japan 2010年の日本 表紙 u-Japan
2010年の日本

吉崎正弘著
発行2005年1月31日
本体2,000円+税
B6判/298頁
送料実費

単品注文

 


燃料電池ビジネス

GetAdobeReader

GetFlashPlayer